スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プライベート釣行(H25.5.14・長井漁港、はら丸、ヤリイカ)

時期終盤のヤリイカに釣行しました。
今が時期のタイとどちらに行こうかと迷いましたが、ヤリイカの味覚に負けて(食いしん坊ですから)、今行かないともう機会がないと、3時起床、4時に家を飛び出し、一路、横須賀長井港に、あまりにご無沙汰でしたので途中道を間違い、船宿に着いたのは4時40分ころでした。9名の先客、私を入れて計10名で出船しました。

ヤリイカは春先に産卵のため沿岸に来ます(いわゆる、乗っ込みですね)、ケンサキイカと共に最高の等級とされ、一番スルメの名でよばれているほどで、サシミ、煮つけにしても味は最高ですね。

当日は晴天、無風、中潮、いつも感じるのですが朝日を浴びて、潮風に当たりながら、波の揺れに身をまかし漁場に到着するまでの(荒天の場合はキャビンの中ですが)、この時間が好きですね(釣果に落胆しての帰路より・・)。

6時に離岸して30分ほど走り、場所は城ケ島沖、水深は170~230m、当然電動リール使用となります。仕掛けは、擬餌針で長さ14㎝、太さ5㎜のプラスチック棒の端に8~10本の上を向いた返しなしの針が付いたものを5号の幹糸に5~10本連ねて付けて、重りは120号を使用します。イカはこれを小魚と思い抱きついてくるわけですね。

前日のはら丸のヤリイカ釣果は18~59杯(日によって一桁の時もあります)、これに期待して第一投(重りを思い切り前方上空に投げ上げる)投入、イカの釣り方は指示された水深巾をシャクリながら探る、いたって簡単な動作ですがこのシャクリが奥が深いんです。イカの移動は早いので合図があったら素早く投入して誰よりも早くイカに到達する必要があります、人間の動作も、リールの回転の速さも重要です、シャクリ方も経験がものを言います、私などは食べるのは好きですが、イカは年に2回程度でいつまでたっても初心者を脱っすることができません。そのうえ、今日はなかなかイカの方も食い気が無いようです。

イカ釣りの醍醐味は竿をシャクッている途中で雑巾をひっかけたように急に重くなり竿を止められます、2~3杯かかると重い事、潮を吹いて抵抗するので竿を引く力も相当なものですよ。それをワクワク、ヒヤヒヤしながら、バラさないように揚げてくるのが(水深が相当あるのでジレて速度を上げるとバレます)醍醐味ですかね、それから群れが濃い場合は降りる途中でイカがついて仕掛けが下りて行かなくなる時があります、たいてい複数杯ついているのでこれも醍醐味の一つですね。でも私は味覚の醍醐味が一番ですね(イカ釣りに行く第一の理由ですから)。中には、満艦飾のように釣り揚げたイカをその場で割いて船上干し(下船するころに半干しになってそのまま食べても美味しいし、ひと炙りしてもいい)に魅力を感じている人もいるようです。

2度3度と潮周りを繰り返し、その度に船長から〇m~〇mと指示が飛びやっとボチボチト揚がりはじめました、私にもやっと来ました(ぼうず脱出)。途中、にっくきサバ(35~40㎝)のためイカのいるタナまで下りて行かず、仕掛け(800円ナリ)はグチャグチャになるわで釣果は伸びずで結局、本日はイカ2~21杯でした、私ですか、勿論スソの方です、でも夕飯にはサシミ、バター焼きを(天ぷらまでまわりませんでした)堪能しました。そうそう、外道のサバですが、いつものようにしめ鯖にしました、サシミでも食べられますから塩をまぶしてしばらく置いた後、2時間ほど酢でしめればOKで身がとろとろのしめ鯖、これはこれで釣り師でなければ味わうことができない一品ですね。

釣果には少々不満が残りましたが、美味しいヤリイカを久しぶりに味わうことができて、心地よい疲労感と共に味覚には大満足の一日でした。(記録 陣座)

s1.擬餌針 
イカの擬餌針には色々ありますが、プラズノといわれるもの。

s3.イカ釣り船の集団
イカの移動は早く、船団は右往左往します。

s4.釣れだしました
熟練者は一度に2杯3杯と釣り上げます。
熟練者かどうかは、手前のパイプの数でわかりますよ。

s5.ヤリイカ
私の釣り上げた貴重なヤリイカ(胴長35センチ)

s6.その場で処理
船上干しのため、すぐにイカを処理する(少々残酷かな)

s7.船上干し
中には釣れたイカ全部船上干しにする人もいるとか

s9.にっくきサバ(40㎝)
これがわりと良い型ナンデスガ、嫌われ者

s8.大量の船上干し
船上干しで満艦飾の釣り船

今回初めて動画を作成しました、見てください。






*会員からのプライベート釣行の報告が来ています、ご紹介します。

①関口さん・・・5月に入り、タイの乗っ込みシーズンを迎え、13日に久里浜港から、真鯛、黒鯛乗合(14名)で出漁しました。南西の風、雨のためか、長沢沖の海域(水深19~25m)はうす濁りだが、当日は微風、絶好の凪、爽快な釣り日和でした。
しかし不運にも、前半にロッドガイドの破損トラブルに気を取られる間、大物?をバラし、ハリス切れ続出等、ただ一人私は蚊帳の外でした。
後半は前半の劣勢挽回に努め、しきりに誘いをかけ、鯛への熱い呼び込みに終始しました。この悲壮なる誘いが功を奏してか、なんとか面目?維持。
当日の釣果は、真鯛の顔を見ることもなく不満足ながらも、黒鯛、46㎝(1.6K)~43㎝(1.3K)の5尾をキープしました。
この日地元のベテラン氏(右舷オオドモ)は52㎝(2.7K)を頭の12尾でした。このベテラン氏の隠れた技を一つだけ学びました。(隠れた技を今度皆に披露してくださいよ)


釣り揚げた立派なクロダイ

②楠本さん・・・小生、腰痛に鞭打って14日にアジ釣りに久里浜から出かけました。
鯖の猛攻にも会いましたが、42㎝の大アジも混じり大魚でした。
(42㎝の大アジすごいですね!次は写真をぜひお願いしますよ)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jinnozi

Author:jinnozi
平成23年10月ふれあいの釣り好き集まれの掛け声で9名が集まり、関ヶ谷釣り同好会を結成、同年11月に第1回釣行を実地しました。
ブログは平成25年2月14日開設。
2~3か月に1度の割合で楽しく計画しています、加入希望者はいつでも会員に連絡ください。(代表 陣座)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。