FC2ブログ

第40回 カサゴ・イシモチ リレー釣行 金沢八景・新修丸

コロナ禍により、関ヶ谷釣り同好会も仕立てでの釣行は一年ぶりとなる有様で、その間は希望者数名による乗り合い釣行に甘んじてきました。このままでは会員の結束、団結力、とりわけ釣りに対するモチベーションの維持にも影響が生じると思い、まずは身近な船宿での仕立てを私が幹事役を引き受け計画しました。
新修丸は金沢八景の一つ、夕照橋の袂にある、カサゴ、アカムツ釣りで名がしれた釣り宿です。
*
4月9日、天気良好、朝のうち風が心配でしたが釣り日和となりました。
参加会員は8名、カサゴが初めての会員(私も2回目)もいたので出発前に安里船長にブリーフィングを要請、要は底中心で常に錘で底を取りながら岩陰に隠れたカサゴにエサを食いつかせる、その際、あまり底に長くつけておくと根ガカリするので注意する。根ガカリしても慌てず道糸をたるませたり引いたりして外すこと、ということでした。

1年ぶりでの仕立てとなり、8名が参加しました。
*

本日の目的の魚、カサゴとイシモチ
*
定刻の7時30分に離岸、一路本牧の漁場に向け走りました。
約30分のクルージングの後、例のキリンのような首の長いクレーンが立ち並ぶ本牧エリアに到着、護岸からわずか数mに接近、エンジン流しで船長の“始めてください”の合図で仕掛けを投げ入れました。
*
仕掛けですが、私は船宿特製の幹糸3号1mの3本針(ムツバリ12号)、錘20号(私は25号)、この仕掛けは後のイシモチも同じで、エサはカサゴはサバの切り身、イシモチはアオイソメでした。
新修丸のホームページでカサゴの釣果はいいときで50尾前後とあったのですぐアタリがあると思いましたが、ありませんなぁ~。
水深は15~25mほど、錘で底(ゴロタ石)をトントンと叩きながら竿を上下に誘いを掛けます。何回かの場所替えの末に、やっと、ブルブルというアタリ、ヤッパリこんな護岸の近くにカサゴはいるんだと一安心。1尾釣り揚げるまでに30分くらいかかりました。
2時間ほど経って私は4尾釣り揚げたところで皆さんの様子を見て回りました。
*
驚いたことに皆申し合わせたように4尾づつ釣り揚げてました、ただ岸本さんだけは8尾と頭抜けて現時点で竿頭でした。
カサゴの型は大きいのでも20㎝前後で、もう少し良型が欲しいところでしたが、この時期はこんなものか、それとも場所によるのか船長に聞くべきでした(反省)。
やはり根ガカリに苦労している人もいて、もう仕掛け5個無くしたと言ってる人もいました、私も何回か根ガカリしましたが何とか外してロストしませんでした。
3本針のうち、アタリがあるのはほとんど一番下の針だけで、1度だけ2番目の針に食いついたカサゴがいました。それで2番目にアオイソメを付けたところ、アジが釣れました。この辺りはタコも釣れる場所なので、タコテンヤを投げても面白いかもしれないと思いました。
*

今回は船酔いもせず最後まで快適に釣り続けてました
*

数釣れるようになりました、マスクして日よけをかぶってたんですか
*

竿2本で頑張って本日の竿頭でした
*

カサゴ、いい型ですね、調子よく釣ってました
*

カサゴ11尾釣り揚げました、けど型がイマイチ
*
11時ころに船長から、イシモチに行きますとアナウンスがあり、5分ほど走り沖に出ました。
仕掛け、錘も同じで、エサだけアオイソメに替えて投げ入れました。
水深は30m前後、大きめのイソメを1~2匹掛けして底立ちを取り時々しゃくって待っていると突然ガツガツと大きなアタリがあり20㎝位のイシモチが揚がってきました。イシモチは身が柔らかいので嫌う人もいますが、炙り焼きにしたり、干し物や天ぷらも白身でほっこりして美味しい魚で、はんぺんなど作る人にはとりわけ評判がいい魚です。
アタリがあっても意外に針ガカリしないときもありタイミングの取り方はカサゴより難しいかなと思いました。
私は6尾釣り揚げましたが、エサは2匹掛けにしたほうがアタリが増える、これはイシモチへのアピール度が上がるからかなと納得しました。撒き餌さで集める釣り方でないので、カサゴも大きめのサバがいいのと同じかなと思います。
*

いい型のイシモチですね、カサゴでは根ガカリに苦労しましたね
*

マイ電動リールで楽しく釣り揚げてました
*

結構釣れましたか、天気も良く気分転換には最高の1日でしたね
*
コロナ禍で家にこもる日が多い中、一日海に糸を垂れて釣りに熱中するのも気分転換になって精神衛生上も最良の癒しで、2時に下船した後は船宿が用意してくれた茶菓子を食べながら久し振りの釣り仲間との話に盛り上がりました。
次は型のいいアジを数釣りたいとか、最近釣れているタイやイカを釣ってみたいとの希望も出ました。
今までどうり、マスク、手の消毒、間隔をあけての座席に気を配れば釣行は問題はないので、幹事を決めて続けていけばいいと思います。マスクを付けながらの釣りも何の苦痛もありませんでした。
久し振りの潮風に吹かれながらの釣りを大いに楽しみました。
*
仕立て料金 8,500円(男女同じ)エサ、氷付き。貸し竿 500円。
駐車料金 500円/台。
*
※※※※※※※ Nさんの料理作品  ※※※※※※※
sカサゴ1
カサゴの薄造り (身はしっかりした歯ごたえがありましたね)
*
sカサゴ7
カサゴの唐揚げ (カサゴ料理の定番ですね)
*
sイシモチ3
イシモチを3枚におろして皮をバーナーであぶった,炙り刺し 
(身が柔らかいので、炙ると歯ごたえがありますね)
*
sイシモチ7_4
イシモチ唐揚げのあんかけ (美味しそうに出来上がりましたね)
*
会員の料理
K さん・・・カサゴの大きなものは、薄造りにして、ポン酢とネギで刺身
小さいのはから揚げ。イシモチは刺身とバーナーで炙りにしてポン酢とわさび醤油で釣り人特権の美酒を頂きました。
S さん・・・両方の刺身の食べ比べ、煮付け、唐揚げ、イシモチは野菜たっぷりの上に乗せ、オリーブオイルとニンニクで食べました。
Y さん・・・カサゴは大小含め唐揚げで頂いた。イシモチは塩焼きにしました。孫たちも美味しいと好評でした。
M さん・・・刺身、煮付け、塩焼きで食べました。
K さん・・・煮付けにしたカサゴの頬の肉が小さいけど大変結構でした。
私   ・・・カサゴとイシモチの薄造りと唐揚げ、カサゴの潮汁、イシモチの天ぷら、骨せんべい、どちらも美味しく頂きました。
ただ魚が小さくて、刺身は苦労しました。
*
今回は釣り揚げるシーンが撮れなくて残念でした、いいシーンが撮れるよう努力します。

*
********* 完 *********








スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jinnozi

Author:jinnozi
平成23年(2011年)10月ふれあいの釣り好き集まれの掛け声で9名が集まり、関ヶ谷釣り同好会を結成、同年11月に第1回釣行を実施しました。ブログは平成25年2月14日開設。2~3か月に1度の割合で楽しく計画しています、加入希望者はいつでも会員に連絡ください.(代表 陣座)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR