FC2ブログ

第27回 タイ五目釣行 松輪 成銀丸、H29.12.06

年の瀬も迫った12月6日、幹事役の私は、もう1回年内に釣行したいと思い、最近よく釣れている、キモパンのカワハギ釣行を計画したところ、仲間から、タイもよく釣れているから状況を見て考えてみてはとの意見も出て、散々迷った末にタイの魅力に勝てずタイ釣行を決めました。
     *
タイは数年前に1度、松輪の瀬戸丸で計画して全員ボウズに終わった経験があり、難しい釣りとの思いがあったが、11月後半の船宿の釣果を見ると、いい日で頭5~6尾とのこと、行くなら今でしょう、正月用のタイを、まぐれで釣れるかもしれないなどと神頼み的に決めた次第です。
     *
天気は快晴、ただし気温はぐんと下がって昼間の最高が11度とか、風もあり、体感温度は10度以下、しかしタイ釣行に燃える7名で、6時に船宿集合して7時に朝日に輝く海原に勇躍乗り出した。


当日は大潮、13時頃が下げ止まり、北の風なのでオオドモが有利かなと考えたが、私の席は右舷3人の真ん中にクジが当たった。
     *


20分少々走るともう漁場に到着、既に乗合船が5~6隻集まってました。
仕掛けはタイ用にハリス3~4号、6~8m、片テンビン、錘80号、付けエサも撒き餌も同じオキアミを使用しました。
船長の、上から28mの指示を聞き電動リールのクラッチをリリースしました。
10月のワラサ釣行の際にも感じましたが、上からのタナ取りはどうも苦手で、道糸のマーキングが見えにくい(年にもよるが)、ウッカリしてるとつい見逃す、船頭の指示に対して、タナ+仕掛けの長さまで落として・・などと頭の中で計算しなければならない等、ややこしいことこの上もない。
船宿の連日の釣果ではイナダが10~20尾くらい揚がってると言う事で、竿が引き込まれるのを今か今かと待ちますが、なかなか来ません(いつも通りです・・)。
     *
私の右隣、つまり、右舷オオドモのNさんにアタリ、間もなくイナダが上がった、Nさんの仕掛けは船長に作ってもらったハリス4号6m、私の仕掛けは4号8m2本針、ウ~ンやはり6mがイナダにいいのかなと思う間もなく、私にも来ました。下針に掛かっていたので8mもOKと言う事で、一安心。もう1尾揚げたところで皆さんの様子を見て回ると、最初の1時間くらいの間に、和泉さんなどはイナダ4尾、他の皆さんも各自2~3尾のイナダを揚げていて、今日もイナダのご機嫌は良いようです。
     *
ただエサ取り(タイ、イナダが食う前に小魚が付けエサを横取りしてしまう)が異常に多く、新しいエサ(オキアミ)を付けて下ろしても1~2分の間に食われてしまう、エサ取りに食われる時間をなるべく遅らせようと10m1本針の仕掛けに替えました。
これだと、撒き餌を撒くまでに、付けエサは潮に流されて7~8mは離れ、撒き餌に集まるエサ取りからの攻撃を遅らせることが出来る。撒き餌は潮に流されて付けエサの方にふわりと漂うので、エサ取りより先にタイ、イナダが食う時間を作れる、時間差攻撃です。
着底してから4m上げて、そこから2~3回に分けて撒き餌を撒き、タナの10mに合わせた途端に竿が水面に刺さりました、自分の考えた作戦どおりに来たわけで、気持ちが良いことこの上もない、次の投入もうまくいき、2尾を追加したところでハリスがどうした事かグチャグチャに絡まってしまい、ハリス10mの仕掛けは1組しか持っていなかったので、以後は8m1本針で通しました。
仕掛けの捌き方や、投入の仕方が悪いのか、5組くらい仕掛けをロストしました。
     *
ひと段落したところでまた皆さんの様子を見て回りましたが、やはり、午前中の早い時間が良かったようで、午後からはアタリが無いようでした。

     *
私はタイ0、イナダ6尾、カワハギ1尾でした、皆さんもイナダを各自2~7尾と外道のイシダイ、ホウボウが数尾混じりました。
タイは岸本さんが船中ただ1尾釣り揚げました。
     *
私はいつも思うのですが、翌日の成銀丸の釣果を見てみると、マダイ 1~5、イナダ 12~30、外道としてイシダイ、カワハギとありました。我々の仕立ての釣果とあまりにも違いすぎる、これは私たちの技量の違いもありますが、仕立ては一元の客、乗合に比べて船長の釣らせようという熱意が欠けてるのではないか・・・と言う事です。解消法としては、なるべく同じ船宿を利用して懇意になることかななんて考えてます。
     *   
13時半頃に沖上がりして、上陸後、港のレストランのテラスでコーヒーを飲みながら反省会をしました。後半は風も収まり、気持ちの良い釣行でしたが、なんと言ってもタイが1尾に終わったことが残念でした。これからはタイ釣行をタブー視せずに機会を増やし、経験を積むことが大切との結論に至りました。次はカワハギに行きたいとの意見が出ました。
     *
今年は会員の多胡さんを春のアジ釣行の後で亡くしました、多胡さんは、関ヶ谷釣り同好会の初代代表として皆の面倒をよく見て、スポーツ保険など基礎づくりにも貢献されました、釣りは静かに黙々と楽しむほうで、魚を釣り揚げた時のニコニコ顔が忘れられません。ご冥福をお祈りいたします。
我々一同は、来年も、体調に気を付けて(何分高齢ですから)、楽しく、色々なな魚に挑戦したいと思っています。
     *
タイ五目 仕立て9,500 円(コマセ1個、氷含む) 女性 8,500 円、貸竿一式(電動)無料
駐車場代 無料
     *

今の時期のイナダは大きいですね、脂がのってます
     *

今年も美味いイナダが食べれました、ホウボウも釣れましたね
     *

来年もいろいろな魚に挑戦しましょう
     *

これも型が良いですね
     *

船長に作ってもらった仕掛けで船中一番に釣り上げましたね
     *

これは上等な外道、イシダイ、美味しいですね
     *

やりましたね!船中ただ一人、タイを釣り揚げました、おめでとうございます
     *

タイ釣りたかった、来年は・・・、鬼が笑うかな
     *

船上では早い時期にキャビンに入って・・、でもイナダはきちんと釣ってました
     *
####### Nさんからの料理作品写真 #######
  
フライパンで照り焼きにしました 
     *
 
朝、調理して歩く会に持参、28名に振舞いました 
     *
$$$$$$$ 私の作品 $$$$$$$

外道で釣れた、カワハギの肝あえ(肝は熱湯を通した後、たたいた)、絶品だった
     *

手前から、しゃぶしゃぶ用に切った、いわゆるブリシャブ、肝カワハギ、刺身
     *
寒い中、頑張りましたが、釣り揚げるシーンは少なかった


皆様、良いお年をお迎えください.       ~~~完~~~

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jinnozi

Author:jinnozi
平成23年10月ふれあいの釣り好き集まれの掛け声で9名が集まり、関ヶ谷釣り同好会を結成、同年11月に第1回釣行を実地しました。
ブログは平成25年2月14日開設。
2~3か月に1度の割合で楽しく計画しています、加入希望者はいつでも会員に連絡ください。(代表 陣座)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR