スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第16回 太刀魚釣行 H 27.9.16. 小柴 三喜丸

今回は私は訪問演奏のため都合がつかず、会員の和泉 達さんに釣行レポートを書いていただきました。

* 同好会初めての「太刀魚」チャレンジ!
最初の釣行予定(9月9日)が悪天候のため中止となりました。再チャレンジの釣行でした。
皆さん諸々の予定があったようで、結果、松原さん、阿部さん、私の3人で乗合船でした。
総勢10名で7時20分定刻通りの港払いです。
港を出るとなんと海はそこらじゅう濁りが入っていました。多分先日の17号台風の豪雨で荒川や多摩川その他の河川から流れ込んだ濁流の影響でしょう。

釣り場は「下浦沖」!
釣り場は柴港を出払い、観音崎沖を抜け、さらに久里浜沖を抜け約40分近く走り下浦沖でした。
釣り場に着くと河野船長は魚探を覗き、船を操りながら太刀魚の様子を見ています。
平日とは言え船団はおよそ30隻です。近年太刀魚の人気がうかがえます。
早速船長の合図で開始!「底(80m)から15m上まで探って!」
仕掛けを入れると、中潮にも拘わらずなんと潮は舳から艫へカッ飛んでいます。しかも二枚潮でタナ取りが中々難しい。
先日までは釣果は良かったのに、今日は今一の様子、どの船も竿が曲がっている様子がなかなか伺えません。(釣りにはよくあること)
当船は松原さんが太刀魚初体験と言うこともあり、席を船長の横に取ってもらいました。
早速船長の声が飛んでいます。エサ(サバの短冊)の付け方や竿のしゃくり方など、声は荒っぽいが心のこもったアドバイスです。(そこまで親切な船長はなかなかいません。)
暫くすると、太刀魚特有の“触り”がではじめます。なかなか針掛かりまでは行きません。阿部さん、私にもぼちぼち当たりが出始め数匹取り込めるようになりました。やがて松原さんの竿も曲がり太刀魚1号です。
しかしなかなか釣果は伸びません。そこでは結局4本から6本にとどまりました。しかも型が小さい。(60~90cm)
船長もあきらめ観音崎沖に移動、底は水深約70mほどでした。阿部さんが3本バタバタと型の良いものを取り込みました。2時過ぎに納竿。

初挑戦松原さん頑張りました!
結果、阿部さん10本、松原さん6本、和泉10本。初チャレンジ松原さん大健闘です!
太刀魚釣りの魅力は①の“触り”から②“針掛かり”させるまでの駆引きです。敵もなかなかのもので、エサ取りの名人でもあります。カワハギと同じで嵌ると病みつきになりかねませんぞ!
船は竿頭27本、裾は5本でした。

{松原さんコメント}
今回太刀魚釣りは初挑戦でした。釣り場に到着釣りを開始。
やっぱり難しい。船長の云う底から上のタナ取り、シャクリ、トメが不十分なのかアタリが判らない。それでも上げてみるとエサは喰われている。
今日はボウズで良しと思い開き直っていると、何故かいきなりガツンと初めてのアタリが来て、ようやく小物1匹。
その後も何とか数匹上げることが出来ましたが、小物ばかりで恥ずかしいサイズ。小さくて調理もままならない程。体も疲れ、身もちじんだ釣行でした。

{阿部さんコメント}
久しぶりの太刀魚釣りでとても疲れました。
烏賊釣り、太刀魚釣りは体力勝負と思っていましたが、やはり上腕がパンパン、手足がバテました。釣行用のためにも、もっと体力を付けなくてはと実感しました。
太刀魚釣りの腕も全く駄目でした。船頭さんから餌の付け方、合わせ方等々手解きを受け、ハッパをかけられどうしでした。(感謝)
釣り後半、少しは以前のコツを思い出したようです。20年前の太刀魚釣りの道具立てとはすっかり変わってシンプルになっていました。
やはり太刀魚釣りは難しい、それでも面白い、楽しい、引き味も良い。そして、食べて最高に美味しい。
次回釣行時にはメーター級を何とか2,3本釣りたいと思います。是非、太刀魚釣りに再挑戦したいですね。

乗合釣り代金 9,500円(付けエサ、氷代金含む)
駐車代金 500円/1台

和泉さん、松原さん、阿部さん投稿ありがとうございました。
太刀魚釣り、面白そうですね。でも体力はいりそうですね。試行錯誤しながら苦労して釣り揚げた達成感、満足感は格別のものだったでしょう。海釣りの楽しさは獲物を釣り揚げる楽しみと、釣果を食べる楽しみのダブル満足感を味わうことが出来るいい趣味ですね。
というわけで、今回は撮影の写真、動画はありませんが、いつものように野々山さんに太刀魚を調理していただきました。
太刀魚および、料理作品の写真は野々山さんからいただいたものです。

sタチウオ(1)
今まで一番の太刀魚は234cmもあったそうですよ、産卵期は6~10月、鋭い牙のような歯は危険です

sタチウオ(6)
いい仕事してますね~、2枚に捌いた状態、案外簡単に三枚おろしが出来た由

sタチウオ(2)
太刀魚の刺身、歯ごたえがあってうまい、新鮮でないと味わえませんぞ

sタチウオ(3)
太刀魚の天ぷら、和泉さんお勧めで美味しかったとか、私は未体験

sタチウオ(4)
骨せんべい、野々山さん曰く、簡単にカリカリになり、骨せんべいには最適な骨だそうです

sタチウオ(5)
太刀魚の握り寿司、身がきれいですね、薄い皮も上手に剥けてほんとに美味そう

野々山さん、料理作品有難うございました。
次回の釣行はいよいよ皆が待っていた“ワラサ”になりそうです。次の幹事は体調不良な方もいてまだ決まっていませんが、状況を見て10月中には行きたいなと思っています。楽しみにしていてください。

 H27.9.23      陣座 昭


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jinnozi

Author:jinnozi
平成23年10月ふれあいの釣り好き集まれの掛け声で9名が集まり、関ヶ谷釣り同好会を結成、同年11月に第1回釣行を実地しました。
ブログは平成25年2月14日開設。
2~3か月に1度の割合で楽しく計画しています、加入希望者はいつでも会員に連絡ください。(代表 陣座)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。